フェースブック活用術 見込み顧客発掘方法 前編

皆さんはフェースブック使っていますか?

Facebook(フェイスブック)は、現在、最も成功しているインターネット上のソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)です。

ちょっと古い情報ですが2013年8月時点でのfacebook ユーザー数は日本では、2100万人。
(出展:http://www.nikkei.com/article/DGXNASDD130C2_T10C13A8TJ0000/)

2013年度のマレーシアのフェースブックユーザー数は1330万人です。
(出展:http://www.theborneopost.com/2013/06/16/13-3-million-msians-are-facebook-users/)

フェースブック活用術 見込み顧客発掘方法 前編をお届けします。

この活用術には、大きくわけて四つのステップがあります。

STEP1:アドバンス サーチ フィルター(advanced search filters)機能を使って、ターゲットマーケット(フェースブック内の見込み顧客)を見つける方法。
STEP:2 アイスブレークの技術を使って、フェースブックの申請承認をもらえるようにする方法。


STEP:3
フレンドリスト(friend list) を使って、フェースブック内の見込み顧客に組織的に情報を伝える方法

STEP4:
フォローアップシステムを使って、フェースブック内の見込み顧客を次のステップに導く方法

それでは、STEP毎に次回から、説明をしていきます。


STEP1:アドバンス サーチ フィルター(advanced search filters)機能を使って、ターゲットマーケット(フェースブック内の見込み顧客)を見つける方法

フェースブックには、いろんな機能があります。この方法もその機能の中の非常に簡単な仕組みです。一度、知れば、なぜ、この機能を知らなかったんだろう。なんて、簡単な機能だろうと、驚かれると思います。
シンプルですが、非常にパワフルな機能です。

それでは、順番に説明していきます。
たとえば、あなたの会社が何か、美容師向けのサービス/イベントを行う会社だとします。
そこで、愛知県に住む美容師を潜在見込み顧客として発掘したい。(この場合、具体的には、メールアドレス入手、そのあて先にイベント開催案内送付をゴールとします。)

1. 自分のフェースブックにログインします。
2. 一番上のサーチボックスで、ターゲットとなる言葉を入れます。
「美容師」
そうするとadvanced search filters画面になります。

WS000013


次に、「人物」でフィルター。

WS000017


次に「勤務地」を「愛知県」でフィルターをかけます。
そうすることで、愛知県に住む美容師に何人かたどり着きます。


STEP:2 アイスブレークの技術を使って、フェースブックの申請承認をもらえるようにする方法。

前回でたどり着いた、ターゲットマーケティング層、
愛知県に住む美容師さんたちに友達申請、メッセージを送って、承認をもらいます。

アイスブレイクとは、初対面の人同士が出会う時、その緊張をときほぐすための手法です。集まった人を和ませ、コミュニケーションをとりやすい雰囲気を作り、そこに集まった目的の達成に積極的に関わってもらえるよう働きかける技術を指します。フェースブックで初めての人にメッセージを送るときも、怪しい人間でないこと、機械的なスパムメッセージではないことを文章に入れ込みながら、友達承認をもらう技術が必要です。

私がお勧めする手順としては
1. 相手のフェースブックページを読む。(公開されている情報
2. 自分の紹介文をあらかじめ用意します。
「はじめまして、XXともうします。美容院で使っていただくシャンプーの卸の会社を行っているので、美容師の方と情報交流ができるといいなと思い、メッセージさせていただきました。
友達申請を送らせていただいたので、よかったら友達承認をお願いします。
XXさんの美容院ではシャンプーはどこのメーカーが人気ですか?」
最後は相手への、質問文にすることで、比較的リプライがもらいやすい形をとります。

次回はSTEP3、STEP4についてです。