マレーシアのクアラルンプールでダイレクトメール(DM)配送サービスを開始!

マレーシアのクアラルンプールでダイレクトメール(DM)配送サービスを開始しました。

マレーシアでマーケティングや市場調査を行う時に自社の商品やサービスがどの程度の反響があるかを事前に把握したいという思いは多くの企業様がお持ちです。

私達はマレーシアのクアラルンプールでマーケティング事業を行っております。
弊社はマレーシアでのマーケティングをアナログとデジタルの両面から支援します。

アナログのマーケティングはダイレクトメール(DM)の配送でご支援します。
日本では既に一般的なマーケティング手法として確立されているダイレクトメール(DM)ですが、マレーシアでは配信業者はそれほど多くないです。

その理由の一つとして、郵便事情があげられます。
一昔前のマレーシアでは郵便が正しく届かないということがありました。
住所が曖昧であったり、配達員の地理に関する情報の把握やルートの設定が十分でなかったりと、届くまでに時間がかかり過ぎたり、未達であったりと問題がありました。

しかし数年前から劇的に向上し、国内はもちろん、外国からの郵便も問題なく届く様になりました。

ようやくダイレクトメール(DM)サービスが開始できる状況になりました。

ダイレクトメール(DM)サービスを開始するにあたって、作業コストの削減を意識しました。

宛名の印刷、送り先住所の印刷、チラシの印刷、チラシの折り込み、封筒の包封とダイレクトメール(DM)を完成させるまでに多くの人手を必要とします。
配送数が1万通を超えることが珍しくないダイレクトメール(DM)のサービスでは、人件費コストの削減は至上命題です。

お客様に安く良いサービスを提供するためにも競争力のある体制を構築する必要があります。

その答えとして、マンパワーの必要とする部分はラオスで実施してします。
またダイレクトメール(DM)の配送は必要とする人員の増減がありますので、
必要な時に必要なスタッフを確保する必要があります。
私達のBPOサービスである、ダイレクトメール(DM)配信サービスでは、多くの作業員はラオスの大学生に作業をお願いしています。

成果物の品質はラオスに常駐する日本人のマネージャーがクオリティーを管理し、
作業の納期は日本に留学経験のあるラオス人のマネージャーがタスクを管理しています。
結果、価格競争力があり、品質の高いダイレクトメール(DM)サービスを提供可能となりました。

ダイレクトメール(DM)の配信のお客様は是非、弊社までご相談下さい。

info@marvelous-i.com