WEBCAS MANでマレーシアの営業活動を効率化しませんか?

WEBCAS MAN(営業支援ツール)のご紹介です。

マレーシアでの営業で困っていることは何でしょうか?
もしかしたら、このツールで解決できませんか?
今回はそんな、営業支援ツールのご紹介です。

日本ではこのWEBCASマンを使って売上げを2倍以上にした企業が続出しました。
営業マンが顧客対応の最前線であることは、ほとんどの企業が一緒だと思います。
営業成績をあげるために、見込みのある顧客から対応するのは当たり前ですが、
見込み客から外れた後のフォローを定期的に行っている会社は少ないと思います。
顧客を分類すると、
新規顧客、見込み顧客、潜在見込み顧客、リピート顧客、固定顧客
に分かれると考えております。
営業マンが第一に大切にするべきは、固定顧客ですね。
会社や営業マンのファンになってくれているお客様です。
次はリピート顧客、見込み客とランクされるのではないでしょうか。

営業マンが個別に対応している範囲からどうしても外れがちな潜在見込み客ですが、
潜在見込み客は会社にとって大きな資産です。

これを見込み客に変えることができれば、思わぬ成果を出すことができます。

私たちはWEBCASマンという潜在顧客を見込み客に変えるツールを使用して頂くことをご提案しています。

こちらのシステムはフォローアップを自動的に行うものでして、
もし営業マンが直近でビジネスが開始する可能性は低いと考えたお客さまは、WEBCASマンに登録頂きます。

WEBCASマンは、あらかじめ決めた周期で、担当の営業マンからそのお客様にメールを送ります。
実際にメールでご挨拶も兼ねている様な自然なメールを送る様にします。
その中で初対面でご説明できなかった内容を盛り込みます。